スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

僕の楽器

 中学2年くらいの頃、あの赤めの楽器を買いました。そのときのことを少し触れてみようと思います。
 今日、お袋の話によって発覚したことですが、当時買い換える前に5~6万くらいのヴァイオリンを買って1年くらい弾いていたそうです。そして中学2年の時に、先生から先を見て買い換えた方がいいと言われました。

 その時は、中学に通っていたし、今後は高校~大学受験となるであろうと予想していたので、お袋も俺も 「きっとヴァイオリンは飽きてしまい、それほど長く続かずに辞めるだろう」 と判断したんです。やっぱり学校や部活で忙しくなると踏んだんですね。
 うちの母校は吹奏楽部はあったけれど弦楽部はなかったので、部活で入り続ける機会もありませんでしたしね。


 先生にその事を話ししたら、「ある程度安めで練習にはなるような物にしましょう」ということであの楽器に落ち着いたんです。 一応、無伴奏曲も発表会で弾けたので、全くダメという代物ではないと思います。むしろ工場生まれなのであれだけ音が鳴らせるものを持てたのが幸運なのかもしれません。


 さて、大学にも入りオーケストラで活動をすることになりました。色々大変な思いもしましたが、執行部やいくつかの演奏会を経験しました。 それは良い経験で、これだけ自分に影響がでるものとは思いませんでした。

 そんなこともあってか、オケの活動は今後も続けていきたいと思います。ヴァイオリンを弾くことはなるべく続けていきたいと思っています。

 けじめ、というか決心を固めるという意味が強いです。楽器に対する限界という言葉は、かっこいいけど言い訳にしか聞こえないのであまり使いたくありません。

 先のこと、今後の自分のことを考えて、今日、弓・本体、共に買い換えました。

 きっとこれから最低でも20~30年はお世話になると思います。ある意味、半生の伴侶ですね。
 今度は、続けることを選択しました。ヴァイオリンを弾くことはずっと続けていこうと思います。

スポンサーサイト

2005-09-25 : 音楽/楽器 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
本業はSE。そろそろ中堅な年次になりました。
最近は子育てとクラシックの演奏、あと少しのゲーム。

気づいたことを備忘として残していけたらと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。